Archive

2021.01.22 fri

【アーカイブ配信】サステナ注目トレンドTOP10

GREEN×GLOBE Partnersが主催したウェビナーのアーカイブです。

<イベント情報>
イベント名:サステナ注目トレンドTOP10 日本総合研究所足達理事に聞く「2020年の10大出来事と2021年の見通し」
日時:2020/12/22
概要:世界中が持続可能な社会に向けて大きな変革期を迎えている2020年の動向と、2021年の見通しについて、
   日本総合研究所理事の足達英一郎氏がランキング形式で解説を行いました。

1位から3位を解説する記事も公開中です。
2020年サステナ注目トレンドTOP3発表

動画再生時間 約18分

<10位>IBCがESGの主要指標等を公表。IFRS財団が持続可能性基準委員会の独立検討を公表。
<9位>⽶国で AI in the Wild:Sustainability in the Age of Artificial Intelligence が刊⾏。
<8位>中国、2060年までに「カーボンニュートラル」を⽬指す。2035年をめどに新⾞販売の全てを環境対応⾞に。
<7位>TFNDの発⾜。⽶国ウォルマートが修復・再⽣企業を宣⾔。
<6位>欧州「サステナブル・コーポレート・ガバナンス」の法制化始まる。

動画再生時間 約13分

<5位>英国、主要企業を対象に、TCFD提⾔に沿った気候関連情報開⽰を義務化すると公表。

<4位>
Black Lives Matterの運動の広がり。

動画再生時間 約11分

<3位>オーストラリア戦略政策研究所(ASPI)がサプライチェーン上の⼈権問題を問題提起。⽇本ではNAP策定。

<2位>
7⽉豪⾬災害と2050年ネットゼロエミッション宣⾔。経団連は「。新成⻑戦略」を公表。

動画再生時間 約8分

<1位>Covid19の世界的な拡大。

<2021年に注目すべきトレンド>
気候変動・人権・情報開示

  • TOPに戻る