<イベント終了>[SMBCグループ・ロフトワーク共催]倫理的なAIデザインと持続可能性—これからのデジタルサービスとの向き合い方

2021.04.02 fri

event

<本イベントは終了しています。>

今や毎日のようにニュースで取り上げられているAI(人工知能)技術。特に最近は技術の進歩に伴い、様々な分野にAIを導入するケースが多くなり、業務や生活が効率化されています。一方で課題もあり、「倫理的なAIデザイン」に対する問題意識がグローバルで高まっています。

今回のイベントでは、AIに関する社会的な責任の所在や個人情報の取り扱いなど、これからのAI技術を活かしたサービスを考える上で倫理的に考えるべき視点についてと、単身高齢社会を迎える日本において、AI技術を活かしたソリューションを提供するサービスとしてデジタルツイン「SubME」の事例をお話しいただきます。
イベント後半では、倫理的なAIデザインのあり方について「倫理的なAIデザインと運用について」をテーマに、パネルディスカッションを通してこれからの持続可能なAI技術を活用した事業を実践していく際に大切なポイントについて探っていきます。

日時:2021/4/21(水) 16:30-18:05
主催:三井住友フィナンシャルグループ・三井住友銀行・ロフトワーク
登壇者:青山学院大学 准教授 河島 茂生
    株式会社日本総合研究所 創発戦略センター スペシャリスト 沢村 香苗
定員:100名
参加費:無料
配信:zoom(ウェビナー)

【こんな方におすすめ】
・これからAIを活用したサービスの企画や開発を行おうとしている方
・いま、AIを活用したサービスを運用している方

【ご注意点】
 ・お申込み多数の場合は抽選となる場合があります。
 ・参加、視聴URLはイベント日前日にご連絡いたします。
 ・参加者の皆さんの写真や議論の内容は後日loftwork.comおよびGREEN×GLOBE PartnersのWebサイトに
  掲載する場合があります

<プログラム>

Session1

AIエージェントとは何者か:AI倫理を交えて
青山学院大学 准教授 河島 茂生

Session2

デジタルツイン「SubME」とは
株式会社日本総合研究所 創発戦略センター スペシャリスト 沢村 香苗

Panel disscussion

倫理的なAIデザインと運用について
青山学院大学 准教授 河島 茂生
日本総合研究所 創発戦略センター スペシャリスト 沢村 香苗
三井住友フィナンシャルグループ 企画部サステナビリティ推進室 室長代理 木村 智行
ロフトワーク ディレクター 銭 宇飛(モデレーター)

  • TOPに戻る