Event

2021.11.25 thu

【申込受付中】サステナ注目トレンド2022―ゲームチェンジを読み解く

東証プライム市場の設立に伴って気候変動関連の財務情報開示が大きな話題となったように「サステナビリティ(持続可能性)」について、企業はすでに行動が求められています。そして、一つ一つの事象を追うだけでは、後手に回ってしまう状況が来ています。ゲームチェンジは目の前に迫っているといえます。

感染症の収束長期化に伴う世界情勢の変化や、国際会議で気候変動・脱炭素が次々と取り上げられるようになったことなど、サステナビリティに関して大きな変化のあった2021年。今回のイベントでは、2021年の総決算としてサステナビリティにまつわるグローバルトレンドを振り返っていきます。そして、2022年の注目トピックスも紹介しながら、どのようなゲームチェンジが起こっていくのか、そして何に備えるべきなのかを考えていきます。

参加者の皆さまの疑問・質問にリアルタイムでお答えしながら、今問われている環境・社会課題について理解を深めていただく対話型のイベントです。

日時:2021年12月22日(水) 16:30-17:40
主催:株式会社三井住友フィナンシャルグループ、株式会社三井住友銀行、株式会社ロフトワーク
ゲスト:株式会社日本総合研究所 常務理事 足達 英一郎
聞き手:株式会社三井住友フィナンシャルグループ 企画部サステナビリティ推進室 室長代理 木村 智行
定員:100名 
参加費:無料
配信:Zoom(ウェビナー)

以下記載の注意事項をご確認の上、お申込ください。

  • お申込はこちら(ロフトワークの申込ページに遷移します)

・Zoomでのウェビナー参加またはYoutubeの視聴が必要となります。ご参加の際は事前に参加または視聴可能かご確認をお願いします。
・申込多数の場合、抽選となる可能性がございます。ご了承ください。
・参加、視聴URLはイベント日前日までにご連絡いたします。
・参加者の皆さんの写真や議論の内容は後日loftwork.comおよびGREEN×GLOBE PartnersのWebサイトに掲載する場合があります
・プログラムは、予告なく変更される場合があります。
・本イベントの取材をご希望の方は、GGP事務局(ggpartners_info@ea.smbc.co.jp)までお問い合わせください。

16:30-16:35  オープニング
16:35-16:45

 2021年・10のトレンドを総ざらい
 2021年サステナビリティ関連トピックスの振返り

16:45-17:30  2022年・3つの注目トピックス発表
 2022年に向けた注目動向を解説
17:30-17:40  クロージング

日本総合研究所 常務理事 足達 英一郎

民間シンクタンクを経て、1990年に(株)日本総合研究所に入社。経営戦略研究部、技術研究部などを経て、2021年から社内組織である未来社会価値研究所長。専門は、環境経営、企業の社会的責任、サステナブルファイナンス。2005年03月~2009年05月には、ISO26000作業部会日本国エクスパートとして「組織の社会的責任に関する国際規格」の策定に携わる。現在、ISO/TC322(サステナブルファイナンス)ならびにISO32210(サステナブルファイナンスの原則と手引に関する国際規格)作業部会の日本国エクスパート、金融庁「サステナブルファイナンス有識者会議」メンバー、(株)三井住友フィナンシャルグループ取締役会サステナビリティ委員会委員なども務める。共著書に『環境経営入門』(日本経済新聞出版社)、『自然資本入門』(NTT出版)、『投資家と企業のためのESG読本』(日経BP社)、『ビジネスパーソンのためのSDGsの教科書』(日経BP社)など多数。

  • お申込はこちら(ロフトワークの申込ページに遷移します)
  • TOPに戻る