GREEN×GLOBE Partners

EVENTS

イベント

サーキュラーエコノミーの新規事業検討会~廃棄物の出ないビジネスモデルを考えよう~

  • 受付終了

  • Workshop

「サーキュラーエコノミーの新規事業検討会~廃棄物の出ないビジネスモデルを考えよう~」を開催いたします。

今回は、本業を通じた「サーキュラーエコノミー」の実践企業を招き、それぞれの具体的な取り組みを紹介いただきます。
その後、参加者が関心を持ついくつかのテーマに沿ってサーキュラーエコノミーを実現するビジネスアイデアを検討します。

サーキュラーエコノミーを詳しく知りたいという方は、下記ページを予め御覧いただいてからご参加いただきますとより有意義なワークショップになりますのでぜひご検討ください。 
サーキュラーエコノミーの潮流
サーキュラーエコノミーの実践者たち—サーキュラー・エコノミー先進都市アムステルダムの事例と小田急電鉄の取組

日時:2022年12月1日(木) 14:00-17:15
主催:株式会社三井住友フィナンシャルグループ、株式会社三井住友銀行、
株式会社JSOL、一般社団法人社会デザイン・ビジネスラボ
定員:20名(応募多数の場合は抽選)
参加費:無料
配信:オンライン(Zoom、Miro)

以下記載の注意事項をご確認の上、お申込ください。

・Zoom、Miroを使用したオンラインのワークショップです。
 MiroInternet Explorerでは不安定のため、Google ChromeIE以外の環境でご参加ください。
・ワークショップ形式のため、途中参加、途中退出ができません。
・申込多数の場合、抽選となる可能性がございます。ご了承ください。
・参加、視聴URLはイベント前日までにご連絡いたします。
・参加者の皆さんの写真や議論の内容は後日、社会デザイン・ビジネスラボおよびGREEN×GLOBE PartnersのWebサイトに掲載する場合があります。
・プログラムは、予告なく変更される場合があります。
・本イベントの取材をご希望の方はGGP事務局(ggpartners_info@ea.smbc.co.jp)までお問い合わせください。

インプットセッション

サーキュラーエコノミーの実践者より取組み事例をご紹介いただきます。

オリエンテーション 会の趣旨、事前セミナーの振り返り、ワークショップの進め方をご説明します。
ワークショップ

『いのべ場』を活用したグループディスカッション
※チーム組成、ビジネスアイデア出しを行います。

アイデア共有 アイデア共有、質疑、意見交換を行います。
クロージング 総評

・東和エネルギーソリューション株式会社
『バイオガス発電事業~異業種からの参入~』
脱炭素・SDGsへの具体的解決策のひとつとして本事業が認知され始め、多様な業種の方からご関心をいただくようになりました。先進事例の少ない領域ですので、弊社の取り組み事例をご紹介いたします。

・fabula株式会社
『ゴミから生まれる新素材』
果物の皮やコーヒーの抽出滓など、「ゴミ」から新素材をつくる東大発ベンチャーです。コンクリートの4倍強く、独特の香りや質感をもった新素材で、建材や食器を製造中。「食」の領域を超えた最新の取り組みも紹介。

  • 東和エネルギーソリューション株式会社 ソリューション営業推進部 細谷 朱里

    千葉大学工学部卒 。新卒で東和アークス株式会社に入社。 再生可能エネルギー事業部門に配属。食品廃棄物をメタン発酵させてエネルギーに変換するバイオガス発電事業本格稼働に伴い、新設の東和エネルギーソリューション株式会社へ異動。 ソリューション営業推進部にて、川越バイオガス発電所の原料調達とバイオガス発電のEPC事業を担当。 実際に発電所の運営を経験することで、よりリアルな事業提案とバイオガス発電事業自体の普及に取組中。

  • fabula株式会社 代表取締役CEO 町田 紘太

    幼少期をオランダで過ごし、環境問題に興味を持つ。
    世界約60か国以上を旅行。

    東京大学卒業研究で「ゴミから生まれる新素材」を開発。

  • TOPに戻る

受付中のイベント